空手ジャーナル|KARATEJOURNAL

沖縄空手、競技空手の最新ニュースと技術を紹介

JKF 東京五輪

【東京五輪】大野ひかるが演武。大分県連がセレモニー開催

全日本ナショナルチーム所属の大野ひかる選手による

全日本ナショナルチーム所属の大野ひかる選手による

2020年東京オリンピックでの空手競技正式採用を受け、大分県空手道連盟が8月4日大分市の繁華街ガレリア竹町ドーム広場にてセレモニーを開催した。
大分市市長や、大分県連会長挨拶に続き、小・中学生120名に大分県柳ケ浦高校の生徒が演武した。

さらに全日本ナショナルチーム所属でジュニア時代にはWKFジュニア・カデット世界空手道選手権で形・組手ともに優勝という世界的空手家・大野ひかる選手=大分市消防局=も形を披露。
会場を盛り上げた。

大野選手は「練習環境にも恵まれている。オリンピック代表に届くよう努力を続けたい。」と抱負を語った。

大会結果をお送りください

result@karatejournal.net


google

-JKF, 東京五輪